ドライヤーの選び方ガイドドライヤーの乾かし方目的別 ドライヤーの使い方>艶のある髪の毛になる・髪の毛を傷ませないドライヤー

 艶を出させる乾かし方

傷んでボサボサの乾燥した髪の毛よりも、潤って艶のある髪の毛のほうが美しく、清潔感もありますよね。
そんな艶のある髪の毛になりたい方はドライヤーの乾かし方を変えてみてください。
また、ドライヤーによる傷みが気になる、という方もこの方法なら傷みにくくなりますよ。
ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

 髪の毛に艶を出す・傷まない乾かし方



まずはタオルドライを。
洗髪後の髪をこすらないように注意しながら、頭をタオルで包んで軽く水気を切ります。
次にタオルで髪の毛を挟んで抑えて、髪全体の水気を切ります。

後頭部の髪の毛を二つに分け、ツムジを中心に乾かしていきます。
ドライヤーは15cm以上離し、なるべく上から風を当てるようにします。その後、放射線状に乾かす範囲を広げていきましょう。
乾かす際は手グシで髪を前方向へと軽く引っ張りながら乾かします。
ドライヤーの距離が近すぎると髪の毛が傷んだり、やけどの原因になりますので注意してください。


手グシで髪の毛を軽く引っ張りながら、ドライヤーの風を上方向から当てます。
髪の毛に空気を含ませるように意識しながら風をあてましょう。
根本と毛先の中間を乾かすイメージで。


最後に頭の上から冷風をあてます。
冷風を当てることで、ドライヤーの熱風によって進む水分の蒸発を緩やかにすることができます。
さらにキューティクルが閉じることで艶が生まれます。



完成です。
この時点では8割程度乾いていることが望ましいです。
乾かしすぎている場合は毛先にトリートメントミルクなどを用いて潤いをプラスしてあげると良いでしょう。
スポンサードリンク