ドライヤーの選び方ガイドドライヤーの乾かし方>ドライヤーと育毛剤

 ドライヤーと育毛剤

育毛剤を使うのってドライヤーの前?後?という素朴な疑問や、育毛剤の効果的な使い方について詳しい情報を掲載しています。
また、人気の育毛剤についてもご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク

 育毛剤とドライヤーの基本 Q&A

ここでは育毛剤とドライヤーに関する基本的なQ&Aをご紹介しています。
育毛剤の効果を最大限に引き出すためにも、間違った使い方はしたくないものです。
正しい情報でしっかり育毛ケアをしてくださいね!

育毛剤とドライヤー、どちらを先にした方が効果がありますか?

育毛剤はドライヤーの後に使うほうが効果的。
育毛剤には様々な種類がありますが、大きく水溶性と油溶性とに分けられます。
頭皮が濡れている状態で水溶性の育毛剤をつけると、頭皮に残った水分で育毛剤の成分が薄まってしまい、油溶性のものでは水に弾かれてしまうため浸透しにくくなります。
そのため、育毛剤を付ける順番は育毛剤の後ということになります。

 

育毛剤の後にもドライヤーは必要?

育毛剤を付けることで、頭皮や髪の毛は湿ってしまいますね。
ここでドライヤーした方が良いのかな?と疑問に思う方は多いと思いますが、育毛剤のドライヤーは必要ありません。
育毛剤の成分というのは頭皮に浸透しにくく、時間がかかります。
育毛剤がまだ十分に浸透していない段階でドライヤーをしてしまうと、有効な成分がドライヤーの熱によって蒸発してしまうのです。
そのため育毛剤の後は自然乾燥が良いでしょう。

 

 

効果的な育毛剤の使い方

育毛剤の効果を活かすために、ドライヤーを正しく使いましょう。
乾かし方やドライヤーの使い方を知ることで、髪の毛に優しい育毛ケアができるはずです。


洗髪後、髪の毛をこすらないように注意しながら頭をタオルで包んで水気をとります。
男性の場合はタオルの上から頭皮を押すように、女性の場合はタオルで髪の毛を挟んでパンパンと軽くたたくように水気を切りましょう。


髪の毛の根本を乾かすように意識しながら、放射状に髪の毛を乾かしていきます。
その際、ドライヤーが近すぎると頭皮のやけどや乾燥、また髪の毛を傷める原因となるため、ドライヤーは髪の毛から15cm以上離してください。
男性は髪の毛を握って根本へ風を当てるように、女性は髪の毛を前方向へと軽く引っ張りながら乾かします。


ドライヤーで髪の毛を100%乾かしてしまうと、髪の毛に残った余熱で髪が乾燥してしまうオーバードライ状態になってしまいます。
理想はドライヤーで80%乾燥させ、20%を髪の毛に残った余熱で乾かすこと。


髪の毛が8割乾いたら育毛剤を頭皮へ塗ります。
気になる部分を中心に頭皮に馴染ませたら、指の腹を使って頭皮を優しくマッサージします。
マッサージすることで頭皮の血行が促進され、毛細血管からの栄養素も運ばれやすくなるため、育毛剤の浸透を高めることができます。
また、毛穴が引きしまるため抜け毛の予防にもなります。
あまり強い力でマッサージすると頭皮を傷める原因になりますので、優しく、気持いいと感じる程度の力で行いましょう。

 

スポンサードリンク