ドライヤーの選び方ガイドヘアアイロンの基礎知識目的別ヘアアイロン比較ポイント>機能から選ぶ

機能から選ぶ

スチームやマイナスイオン、デュアルセラミックヒーターなど、髪の毛が受けるダメージを軽減しながら使いたい!という方は人気のオプション機能がついたヘアアイロンから選びましょう。
ここでは、オプション機能が豊富なヘアアイロンをご紹介しています。

スポンサードリンク

機能から選ぶポイント

ヘアアイロンは高熱を髪の毛に与えてストレートにしたりウェーブをつけたりするので、髪の毛にはかなりの負担がかかります。
なので、ヒートプロテクト効果のあるスタイリング剤を使用したり、温度調節を気をつけたり、髪の毛が傷まない工夫をしながら使う必要があるのです。
(詳しくは「ヘアアイロンを使う際の注意点」のページをご参照ください。)

でも、現在はオプション機能としてヘアアイロン自体にも髪の毛が傷まないように工夫されているものも多くみられます。
例えば、キューティクルを引き締めながら、しなやかなスタイリングが可能なスチーム機能や、キューティクルの剥がれや傷みを抑えてくれるマイナスイオンなど。
髪の毛をいたわりたい方は、こういった機能面から選ぶことをおすすめします。

 

オススメの機能が付いたヘアアイロン

ここでは、ストレートアイロン、カールアイロン、2WAYヘアアイロン別に、オススメのコンパクトなヘアアイロンをご紹介しています。

ストレートアイロン

ヴィダルサスーン スチームストレートアイロン VSS-9100/R
大量のスチームがキューティクルを引き締め、しなやかでツヤのある仕上がりに。このスチームは2段階で量の調整が可能。
また、5段階の温度調節機能が付いているので髪形や髪質で温度を自由に選べます。
真っ赤なボディがカッコイイ、デザイン性も高いストレートアイロンです。
温度調節
5段階 (約140~200℃)
機能
スチーム
マイナスイオン
60秒インスタントヒートアップ
自動電源OFF機能 (約60分後)
消費電力:
160w
プレートサイズ
幅38×長さ85mm
本体サイズ
幅280×奥行45×高さ93mm
コードの長さ
約1.9m
用途
ストレート

 

カールアイロン

クレイツ イオンカールプロ SR
操作性と質感アップを実現したプロフェッショナルのためのカールアイロンが堂々の1位。
温度調節は髪質に合わせて10段階に分けられており、またデュアルセラミックヒーターを採用しているため熱伝導率もアップ。
ツヤのある弾むようなカールを実現できます。
温度調節
10段階 (約120~210℃)
機能
ディアルセラミックヒーター
デジタル温度表示ディスプレイ
誤作動防止機能
消費電力:
46w
本体サイズ
約L340×H80×W50mm
コードの長さ
約3.0m
用途
カール

 

2WAYヘアアイロン

テスコム マイナスイオンスチームアイロン IPM850
ストレートスタイル・カールスタイルのどちらも作れる2WAYヘアアイロン。
細かく15段階にまで分けられた温度調節機能で、髪質やスタイルで自由に温度を調節できます。
マイナスイオン、スチーム機能搭載で、ツヤのあるヘアアレンジが可能に。また、きめ細かい独自のナノコーティングが熱をムラなく髪の毛へと伝えてくれます。
温度調節
15段階 (90~160℃)
機能
マイナスイオン
スチーム
温度ロック
自動電源OFF (約30分後)
消費電力:
0-560W
本体サイズ
72(高)×380(幅)×41(奥行)
用途
ストレート、カール
スポンサードリンク