ドライヤーの選び方ガイドドライヤーの基礎知識目的別ドライヤー比較ポイント>>サイズから選ぶ

サイズからドライヤーを選ぶ

ドライヤーはできるだけコンパクトな方がいいはサイズからドライヤーを選んでみてはいかがでしょうか?
重量が軽いもの、もしくは折りたたむことができるタイプのドライヤーがおすすめ。
ここではコンパクトなサイズのドライヤーをご紹介しています。

スポンサードリンク

コンパクトなドライヤーは?

余計な収納スペースをドライヤーに取られたくない、ドライヤーが重いと乾かす際に疲れてイヤ、という方はサイズからドライヤーを選びましょう。
よくドライヤーを持ち運ぶ人や、旅行先にでも持っていくという人は折りたたみ式のものがおすすめ。
収納も場所を取らず、また持ち運ぶ際も余計なスペースを取りません。
ドライヤーをかけていると重くて腕が疲れる、という人は本体重量が軽いものを選びます。
ただし、いくら軽くても風量が弱いドライヤーでは、乾かすために必要となる時間がたくさん必要となってしまうので、ある程度風量のあるものを選ぶのがポイント。
1.3立方メートルあれば問題ないでしょう。

当サイトが選ぶおすすめのドライヤーはこちら。

 

コンパクトなおすすめドライヤー

テスコム ナノイオンヘアードライヤー TID3100
ランキング内で最軽量のナノイオンヘアードライヤー。
上部から発生するナノサイズミスト(ナノイオン)と中心・周囲の計4ヶ所から発生するトライアングルマイナスイオンで、髪の毛を優しくコート。
また、ペルチェ式を採用しているので給水の必要はありません。
外気をとりこみながら髪を乾かすので、温風温度の上昇や乾かし過ぎを防ぎます。
搭載された機能:
マイナスイオン
ナノイオン
モイスチャーフード
遠赤外線セラミックコーティングド など
消費電力:
1200W / 600W
折りたたみ:
温封温度:
約110℃ (室温30℃の場合)
風量:
約1.5立方メートル/分
重量:
約540g
Panasonic ナノケア EH-NA94
折りたたみ式のドライヤー。
ナノイー&ミネラルプラチナが髪の毛に浸透することでキューティクルの密着性を高めてくれます。
これによりまとまりや艶感がアップ。
また、周囲の温度をセンサーが自動的に検知し、最適な間隔で温風と冷風を交互に発生せさてくれるので地肌へのヘッドスパ体験も叶えてくれます。

搭載された機能:
ミネラルマイナスイオン
プラチナマイナスイオン
スカルプモード
温冷リズムモード
ナノイー / ナノイーイオンチャージド など
消費電力:
1200W / 600W
折りたたみ:
温封温度:
ホット 125℃ / スカルプモード 60℃  (室温30℃のとき)
風量:
約1.3立方メートル/分
重量:
約585g

 

スポンサードリンク