ドライヤーの選び方ガイドドライヤーの基礎知識>ドライヤーの正しい保管方法

ドライヤーの正しい保管方法

せっかくお気に入りのドライヤーを手に入れても、間違った保管方法では使用できる寿命が短くなってしまうかも!
正しくドライヤーを保管して、長く愛用できるようにしましょうね。

スポンサードリンク

ドライヤーの保管方法が悪いとどうなるの?

間違った方法でドライヤーを保管していると、どのような被害が出るのかご存知でしょうか?
ここでは、都内の消費者生活センターに寄せられたドライヤーによる被害例をご紹介します。
【参考 「ヘアドライヤー電源コードに関する危険」 東京都生活文化局消費生活部生活安全課 】

ドライヤーの間違った保管による被害例
・コードがショートした
・ドライヤー本体から火花が出た
・髪の毛が焼け落ちた
・手にやけどを負った      など

大きな事故には至っていないものの、ドライヤー本体または電源コードから発煙・発火するという被害が多く寄せられているのが分かります。
では、この被害を受けた人たちはどのような保管をしていたのか、気になりますよね。
最も多かったのは、「本体にコードを巻きつけている」という回答。
次に「ゆるやかに折っている」、「たらした形にしている」、「バンドなどで束ねている」という回答が多くみられました。

みなさんはどのように保管していますか?

 

正しいドライヤーの保管方法

ドライヤーは湿気の少ない場所に保管します。
浴室内や水滴が飛ぶような場所は避けるようにしましょう。
また、 コードを本体に巻きつけて保管するのはNGです。
コードを本体に巻きつけて保管するとコードの電線の一部が切やすくなります。すると、切れてい ない部分に電流が流れ、発煙・発火してしまう恐れがあるのです。
ドライヤー本体や電源コードをフックなどで吊るし、コードが極端に折り曲がったりねじれたりすることのないようにします。
また、コード内の配線が切れる原因にもなりますので、コンセントから抜く際はコードを引っ張るのではなく電源プラグを持って抜くようにしましょう。


 ・湿気の少ない場所に保管する
 ・コードは本体に巻きつけて保管しない
 ・コンセントから抜くときは電源プラグを持って抜く

スポンサードリンク