ドライヤーの選び方ガイド髪の毛に関する講座 >傷みやすい髪の毛

傷みやすい髪の毛

髪の毛が傷むとキシキシ・ゴワゴワになったり、パサついて乾燥したり、枝毛になったり。
また、傷んだ髪の毛というのは触り心地だけでなく、外見からも分かるもの。
そんなダメージを受けた髪の毛ではなく、潤った艶のある美しい髪の毛でいたいですよね。
ここでは傷みやすい髪の毛になってしまう原因をご紹介しています。

スポンサードリンク

傷みやすい髪の毛になってしまう原因

傷みやすい髪の毛になってしまう原因をご紹介します。
髪の毛が傷む原因となる行動を避けることで、髪の毛が受けるダメージを軽減していくことができます。

 シャンプーによる摩擦

髪の毛が濡れている状態というのは、キューティクルが開いた状態ということになります。
このキューティクルが開いている状態というのは、髪の毛が非常にダメージを受けやすくなっているのです。
そんな状態で、髪の毛をこすり合わせるように乱暴にシャンプーをしたり、しっかり泡立っていない状態で洗っていると、キューティクルが剥がれ落ちてしまう原因に。

 タオルドライによる摩擦

上記のように、髪の毛が濡れている状態での強い摩擦は絶対NG。
タオルで髪の毛を乾かすときに、ゴシゴシと強い力を加えていませんか?
髪の毛同士が摩擦による強い刺激を受けると、髪の毛を傷める原因になります。
髪の毛が濡れた状態での乱暴なブラッシングも危険です。

 ドライヤーによるヤケド

髪の毛をドライヤーで乾かさないと髪の毛が傷む、ということはたくさんの人が知っていると思います。
ですが、そのことを意識しすぎるあまり髪の毛をカラッカラになるまで乾かしてしまっては、髪の毛にダメージを与えてしまうことに。
また、至近距離で高温の熱風を与えると、髪の毛のたんぱく質が乾燥し、潤いを逃してしまいます。

 自然乾燥による刺激

自然乾燥による最も深刻なダメージは、就寝時の枕との摩擦。
濡れたまま、もしくは半乾きの状態で寝ると、キューティクルが開いた状態なので非常に傷みやすい髪の毛が、枕と頭の間に挟まれ、寝相や寝返りなどによって強い摩擦を受けます。
これによりキューティクルが剥がれてしまい、傷みが進行していくのです。

 ヘアカラーやパーマによる刺激

髪の毛を染めたりパーマをかけたりすると、髪の毛の中の成分を変える薬剤を使用します。
そのため、髪の毛の内部がもろくなり、キューティクルも剥がれやすくなってしまうのです。
美容室やヘアサロンではや一人ひとりに合わせた薬剤の種類や分量、その後の適したケアなどが行われますが、自宅で染めるタイプのものは髪の毛の質に関係なく確実に染まるようにつくられていますので、場合によっては傷みが深刻化することも。

 紫外線によるダメージ

太陽の光に含まれる紫外線を長時間受けると、肌が日焼けするのと同様に髪の毛もダメージを受けます。
特に、海辺やプールなど髪の毛が濡れた状態だと、髪の毛が受けるダメージはより大きくなるのです。
髪の毛が紫外線によるダメージを受けると、受けた直後にはあまり症状は出ず、じわじわと髪の毛の質が変わっていくのが特徴です。

 スタイリングによるダメージ

ストレートアイロンやカールアイロンなどを用いてのスタイリングは、髪の毛を傷める原因に。
ヘアアイロンは高熱を髪の毛に加えてスタイリングするため、髪の毛がヤケドを追ったり、キューティクルが剥がれてしまったりするのです。
毎日ヘアアイロンを使う方は、髪の毛が受けるダメージも大きくなります。

いかがでしたか?
これらが髪の毛を傷みやすくする主な原因です。
髪の毛のダメージに悩む方で、上記の原因に当てはまっている方は見直しが必要。
ぜひ一度、ご自分の生活スタイルを見直してみて、髪の毛を傷めるような行動をしていないかどうかを確認してみてください。

スポンサードリンク