ドライヤーの選び方ガイド髪の毛に関する講座頭皮・髪の毛に関する病気>脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)

脂漏性皮膚炎 (しろうせいひふえん)

頭皮や顔、背中、ワキなど、皮脂分泌が盛んな場所に赤いできものができ、これらは痒みを伴うこともあります。また、頭皮にはフケが見られることも。
こんな症状がみられる方は脂漏性皮膚炎かもしれません。
ここでは脂漏性皮膚炎の症状や原因、病院で行われる治療方法などをご紹介しています。

スポンサードリンク

脂漏性皮膚炎の症状

髪の毛の生え際の皮膚が赤くなったり、ポツポツとした赤い斑点が出来ます。さらに、フケが出たり、軽い痒みを伴うことも。
これらの症状は頭部や、顔面、耳の後ろ、ワキ、鼠径部(そけいぶ)や太ももなど、皮脂の分泌が盛んな場所に現れます。

 

脂漏性皮膚炎の原因

常在菌である癜風菌(でんぷうきん)が原因となることが多いようです。
癜風菌というのは皮脂を栄養源とする健康な人の頭皮にもしている常駐真菌ですが、皮脂の分泌量が増加し、大量に癜風菌が発生してしまうことでフケが生じるのです。
皮脂の分泌量が増加する原因としては、偏った食生活、睡眠不足など生活習慣の乱れやホルモンバランスの乱れ、または洗髪をしない、お風呂に入らないなどの不衛生な生活が挙げられます。

 

脂漏性皮膚炎の治療 

脂漏性皮膚炎の治療は、一般的に外用抗真菌薬を用いた薬物療法が行われます。
また、炎症が進行している場合には抗炎症作用のあるステロイド外用剤を用いた治療が行われることもあります。
さらに、頭部のフケが多い場合には尿素が含まれるローションが用いられることもあります。
他にも、ビタミンの欠乏によって症状が悪化することもあるため、抗ヒスタミン剤、ビタミンB2、ビタミンB6などの内服薬が用いられることもあります。
日常生活の中で気をつけるのは、頭皮を清潔な状態に保つ、過度の洗髪を控える、シャンプーは洗浄成分が強すぎないものを選ぶ、ということ。
また、生活習慣の乱れも影響してくるため、バランスの取れた食生活を心掛ける、十分な睡眠時間を取る、など毎日の生活を見直すことも重要です。

スポンサードリンク