ドライヤーの選び方ガイド髪の毛に関する講座頭皮・髪の毛に関する病気>フケ症(ふけしょう)

フケ症 (ふけしょう)

フケが多く、頭を掻いたときにフケが落ちる、頭を掻いた後、爪の中にフケが詰まるという方は「フケ症」の可能性があるかも。
ここではフケ症の症状や原因、病院で行われる治療方法などをご紹介しています。

スポンサードリンク

フケ症の症状

フケとは古くなった頭皮の角質細胞のことです。
フケ症の症状は、頭皮の一部、または全体に細かいフケが付着したり、ブラッシングした際に簡単に剥がれ落ちたりします。
健康な人でも多少のフケはみられますが、ブラッシングしたり、頭を振ったときにフケが落ちるようであれば病気の可能性が高いでしょう。
フケ症には、パラパラと乾燥したフケが見られる「乾燥型(かんそうがた)」と、頭を掻いたときに爪の間にはさまるような湿ったフケが見られる「脂漏型(しろうがた)」とに分けられます。

 

フケ症の原因

フケ症の原因は、洗髪のしすぎ、または癜風菌(でんぷうきん)にあるようです。
洗髪のしすぎが原因となるのは乾燥型の人に多く、過度の洗髪や洗浄力の強いシャンプーで洗髪することによって頭皮が乾燥することでフケが生じます。
癜風菌が原因となるのは脂漏型の人に多くみられます。
癜風菌というのは皮脂を栄養源とする健康な人の頭皮にもしている常駐真菌ですが、皮脂の分泌量が増加し、大量に癜風菌が発生してしまうことでフケが生じるのです。
皮脂の分泌量が増加する原因としては、偏った食生活、睡眠不足など生活習慣の乱れやホルモンバランスの乱れ、または洗髪をしない、お風呂に入らないなどの不衛生な生活が挙げられます。

 

フケ症の治療

まずは、生活習慣の見直しを。
バランスの取れた食生活、十分な睡眠時間を取る、ストレスをためない、など毎日の生活習慣を改善してみましょう。
乾燥型の人は、洗髪を毎日しない、洗浄成分が弱いシャンプーを使用など、洗髪に関する習慣も見直す必要があります。
脂漏型の人も、生活習慣の見直しに加え、洗髪が十分に行えているかどうかも見直してみてください。
それでも症状が改善しない場合は皮膚科を受診しましょう。
フケ症の治療は、症状によって異なりますが、一般的に抗真菌薬が入ったシャンプー、ローションやクリームなどを用いた治療が行われます。

スポンサードリンク