ドライヤーの選び方ガイド髪の毛に関する講座頭皮・髪の毛に関する病気>円形脱毛症(えんけいだつもうしょう)

円形脱毛症 (えんけいだつもうしょう)

髪の毛が急にまとめて抜け落ち、さらに 脱毛部分は境目がはっきりとした円形状であれば、円形脱毛症の可能性があります。
ここでは円形脱毛症の症状や原因、病院で行われる治療方法などをご紹介しています。

スポンサードリンク

円形脱毛症の症状

円形脱毛症の症状は、名前の通り円形状に髪の毛が抜け落ちます。
脱毛部分はひとつだけだったり、まだらにいくつか抜け落ちたり、または全部抜け落ちたりと、個人差があります。
症状が進行する間は脱毛部分が次第に大きくなる特徴があるため、脱毛している周囲の髪の毛を掴んで軽く引っ張った際に簡単に抜けてしまうようであれば症状は進行中であるといえます。
また、頭髪だけでなく眉毛やまつ毛など全身の毛が抜けてしまう場合もあります。

 

円形脱毛症の原因

円形脱毛症の詳しい原因は分かっていませんが、自己免疫疾患の1つとされています。
そして、この免疫反応を引き起こす原因とされているのがストレスアレルギー反応といわれています。
ストレスが原因となって円形脱毛症を引き起こしている場合、大きなストレスを受けた約3ヵ月後~4ヵ月後に症状が現れるようです。

 

円形脱毛症の治療

円形脱毛症の主な治療方法は円形脱毛症の症状や状態に合わせて、外用ステロイド薬や内服薬を用いた薬物療法、PUVA療法(紫外線療法)、冷凍療法(ドライアイス療法)、接触免疫療法などが行われます。
ただし、ストレスが原因となっている場合の多くが半年程度で自然と治るとされています。
生活習慣やストレスの原因などを見直してみると良いでしょう。

円形脱毛症についてもっと知りたい方は「円形脱毛症対策.com」などもご参照ください。

スポンサードリンク