ドライヤーの選び方ガイド髪の毛に関する講座頭皮や髪の毛について>毛髪とは

毛髪とは

このページでは毛髪に関する基本的な情報をご紹介しています。
髪の毛の構造や、よく耳にするキューティクルなど、知っていいそうで知らなかった情報ばかり。
正しいヘアケアのためにも、ぜひ知っておいて頂きたい内容です。

スポンサードリンク

毛髪の役割

毛髪は様々な役割を担っている重要な存在。
ではその役割は一体どのようなものなのでしょうか?

髪の毛の役割 その1 外からの衝撃から脳を守る
頭には私達の身体全体に様々な指令を送る脳があります。
何らかの理由で外からの衝撃が加わった場合に脳を守る頭蓋骨や脳への衝撃を緩和するため、髪の毛がクッションとなって脳を守る役割を担っているのです。

髪の毛の役割 その2 紫外線によるダメージから頭皮や脳を守る
皮膚がんの原因にもなる有害な紫外線が、直接頭皮に届かないようにする役割も担っています。
髪の毛が紫外線をさえぎることで、頭皮が受ける紫外線のダメージを軽減することができるのです。

髪の毛の役割 その3 暑さや寒さから頭を守る
外の気温が極端に上がったり、下がったりすることで、脳の働きに障害が生じる可能性がありますが、髪の毛同士の中に空気を取り込むことで、外の気温が直接脳に届かないようにします。

髪の毛の役割 その3 体内に蓄積された有害物質を排泄する
私達は日常生活において様々な鉛、水銀、アルミニウムなど様々な有害物質を体内に取り込んでいます。
これは、食べ物や飲み物、タバコなどあらゆる経路で身体の中に入り、蓄積されていきます。
これらの有害物質は髪の毛を通して体外に排泄されているのです。

 

 

毛髪の構造

重要な役割を担っている髪の毛の構造についてご紹介します。
髪の毛は皮膚の一部が変化してできたもので、その成分はケラチンという18種類のアミノ酸が結合したたんぱく質で出来ています。

髪の毛の一番外側はキューティクル(毛表皮)で覆われています。
このキューティクルには外的要因から髪の毛の内部を守る働きを担っています。
根本から毛先に向かって魚の鱗のように重なっているのが特徴的。
髪の毛が乾いている状態ではキューティクルが閉じ、濡れている状態では開く性質があり、キューティクルが開いた状態では髪の毛が傷みやすいとされています。

その内側にあるのがコルテックス(皮質)
コルテックスは髪の毛全体の85%から90%を占める重要な部分で、髪の毛の強度や色を決定します。
パーマやヘアカラーによる影響を受けやすく、健康な髪の毛を目指す場合にケアすべきはコルテックスだといえます。

その内側、髪の毛の一番中心部分にあるのがメデュラ。髄質、または毛髄質と呼ばれます。
髪の毛の構造の中心部分を占めているが、髪の毛によっては存在しなかったり、途切れてしまっている場合も。
メデュラの詳細情報については、未だ詳しく分かっていないのが現状です。

 

スポンサードリンク